スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包丁を研ぐのは・・・ 

今日ぐらいは、全国区のブログで雨ですねぇ、
っていっても許されますか?

そんな日は、ノラ・ジョーンズの
"The Long Day is Over"なんかで、
ぐっとスローなペースにするのがよいかも。

さてさて、
身近な道具について書いてみました

■包丁研ぎは、男の仕事!

身近な道具を大事にしたいものです。

出刃包丁を買いました。

いっしょに、砥石もね。

20060717233021


切れる刃物がある家には、美味しいものがあります。

たまにお手伝いで、友達のうちで
包丁を触るとよくわかるのです。

ほとんどの家で、切れる包丁を持ったことがありません。

野菜の切り口が崩れ、
つぶれるようでは味もねぇ・・・

ゾーリンゲンの包丁を家で使っています。

硬質な刃物に合わせて、
研磨力のある砥石(800番台)がいいということを
日本橋の木屋さんで教えてもらいました。

今日の午後の合間をみつけて、研ぎあげてみました。

すごくよく切れるようになりました。

写真にも写っている果物ナイフも新品でしたが、
改めて研ぎなおすと切れ味抜群。

きれきれです。

普段料理をするのが、妻だとしたら、
刃物を研ぎあげるのは、
旦那の仕事なんじゃないかと。

うまい料理のために、道具の手入れぐらいは
男でもできないとね。

たいして時間もかからないし、
刃物は男の子がすきなものの1つ。

他には、海を眺めること、
焚き火をすることでしょうか。


やってみると、意外にはまるかもしれませんよ。

あとは、うまくて新鮮な魚を手に入れるばかりです。

P.S
先日買った丸ごとの鳥ですが、
まだガラが残っていたんで、鶏がらスープを制作中。
台所が、ラーメン屋さんの匂いです。

どこまで煮込むのか、鶏がらスープの味の判断は
いまだかつてない挑戦のため、
ラーメン屋さんの味なるのか
不安な決断を迫られています。

匂いは、ちょーうまそうです。
スポンサーサイト

コメント

包丁研ぎは、明るいところでやりましょう(笑)

うさ

「包丁研ぎは男の仕事」か。
前に住んでた家の近所に住んでいたおばあさんが、毎日のように道端で包丁を研いでいたのを思い出したしまった。
初めて見たときは怖かった~。
料理、かなりしてるみたいだね。
今度遊びに行くからなんか作って。


刃物は、男の子がもつロマンでしょう。
小さいころ、親に高いナイフを買ってもらって
今でも宝物だったりします。

>うささん
流しの上で、ライトを当てて。
暗い雰囲気ではないですが、
一人でやるのは、さびしい気がします。

>はるか
当分忙しいです。遊びに来なくていいですw
ご飯に見合うお土産つきなら、考えます。
個別にご相談ください。旦那も一緒に。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/99-ef0b150a

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。