スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズブロッカ・家の鍵・竹の子・雲取山行き 

更新が滞っておりましたが、
仕事の繁忙期を越えて、
やっと更新する余裕ができました。

どうしてブログは三日坊主になる?
こんな記事も出てしまうような、ブログのご時世。
気を取り直して、春らしくいってみます。



■ズブロッカはいかが?

20060512180840.jpg

誰がなんと言おうと、

「ズブロッカは桜餅の香りだ!」と思います。って、思いません?

目前に迫った梅雨の前に
春をもう一回楽しんでみては?

季節感のあるお酒って・・・

今年は、花見もせず仕事漬けだったので、
ちゃんと桜餅の香りを楽しんでおきたいと酒の棚を物色。

色々な種類の酒があるとこんなときに便利。

家にある酒の中で、今の気分にちょうどいいのは?

チンザノはもうないから、ズブロッカをあけてみた。

どこか懐かしい桜の香りを求めて。

窓から入ってくる、ちょっと冷ややかな風に
あたりながらパソコンをたたくのにちょうどいい。

からからと氷が音を立てるのを目で楽しみ、
Norah Jonesの"feel like home"でも聞けば、
随分とリラックスできている自分に気がつく。

仕事で担当した4冊の年度改訂版の原稿を
なんとか納期に間にあわすべく、印刷所に戻した。

納品が待ちどおしくも、怖くもある。

活字と税金のことは忘れて、今日ぐらいはゆっくりと。

気がつけば、2杯目があいている・・・

「春眠暁を覚えず」につられて、飲みすぎに注意。

春にズブロッカ、とても似合う香りの組合せ。

家の鍵

こういう映画を評するのは、苦手だ。
(画像なし。リンクをはったのでそこから公式サイトへ。)

ジンときているのだけど、なぜかボクは素直になれない。

一人で見に行ってよかった。

こんなときの第一声は、大体ひどくて辛らつ。

下手に感想を言うと、決まってよくない結果に。
下手に感想を書くと、大失敗の可能性も大。

やわらかい、このあたりの感受性は弱いんだなぁ。
心が素直でないので、代わりに、
映画評論家の秋山登氏のレビューをば・・・

「これは、障害者と生きることの難しさを描いた作品である。
そうに違いないが、そこを探れば、人生というものの重さと
悩ましさが潜んでいる。」

抑制された描写と考えられた構図が印象的。

欧州映画が好きな人におすすめ。

■竹の子ご飯

春ですから・・・

季節のご飯を作るとヘルシーで美味しいです。

今シーズン2回目の制作ですが、
味は、まあまあですかね。油揚げを入れると、
ちょいとボリュームが増えて美味しくなります。

20060512175717.jpg

山に行って、山菜の知識を元に採ってきて、
春の山菜を鮮やかに料理し、
苦味を楽しむ大人のパーティーをしてみたいこのごろ。

■雲取山(2017m)頂上の眺め

東京都最高峰の山。

標高500m弱の鴨沢登山口から、
頂上の2000mまで、1500mを上がるので、
それなりに登りがいのある山。
20060512175721.jpg

コースの標準レコードより1時間ほど早く到着。
だいぶ足もできてきた(はず)。

雲取山荘で一泊。

連れに料理を任せて、ボクは酒担当。

この程度の山なので、おもいっきりグルメ。

ワインは、モンテプルチアーノ種をチョイス。
この品種のグレードの高いものを今年の冬に飲んで以来、
お気に入りでもある。
今回のは1000円しないワインだけども、十分美味しい。

20060512175715.jpg

家で味見をしてから、ペットボトルに入れて運び、
山頂で濃厚オレンジジュースで割って加熱。
ホットワインとして究極のドリンクを制作。

連れが、自家製で下ごしらえをしてきたホワイトシチューにご飯。
生のイチゴをいただきました
20060512175712.jpg

体が一気にあったまる。甘みがちょうどいい。

山小屋のメニューに負けない
圧倒的な食事のメニュー。

ちなみに、アイラ島でお土産に買ってきたフラスコの中には、
アイラモルトが充填されております。

秩父の美味しい水で加水しつつ飲むモルトは、最高でした。

次の日の朝、ご来光・・・
20060512175122.jpg  20060512175720.jpg

低山ですが、温泉にサウナも帰りに一番風呂で入ることができ、
極楽な山行きでした。丹波山温泉のめこい湯

次は、八ヶ岳天狗岳(2646m)を目指します。
(世界の車窓風に・・・)
スポンサーサイト

コメント

ズブロッカはいいよね。
コストパフォーマンスいいし。
トニックで割って柑橘絞ると美味しいし。
個人的にはライムよりもレモンが合うと思ってます。安いし。

確かに、桜餅の香りだ。中に入ってるバイソングラスの香りのはずなんだけれども。

でも、充填の際にあのバイソングラスはどうやって入れているのかが気になる。おそらく手詰めだろうけれども。

そんな、食品メーカーのお話。


>さこさん
どもども。
酒は、TPOと体調と気分に合わせて選ぶ。
絶妙な組み合わせで、おいしさが倍増。


草一本のおかげで、このウォッカの価値を
高めているのは間違いない。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/85-70d28497

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。