スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイドブック選び 

ガイドブックが色々あります。

ちなみに、ロンリープラネットという欧米パックパッカー御用達の
本の日本語版『イギリス』 値段3360円します。
総ページ数1260ページ。

重いっ!!!

ちょっとした事典並み。

なので、定番の『地球の歩き方』スコットランド編を
友人に買ってもらいました。

その代わりに僕は、日経BP企画からでている
スコッチウィスキー紀行』を購入。
ディスティナリー関連は、これで何とかなるでしょう。


色々と読み込んでいくと、今まで僕が単純に関わりがなかっただけで
いろんな日本人が彼の地を踏み、調べていることが分かります。
伝統を守る心意気、精神によって、
観光資源が守られている。
そういうふうにも感じます。
町並みを近代化したってアジアの中で差別化は図れない。
そのことに、日本は早く気がつくべきです。

なーーーんて、余計なお世話ですね。

というわけで、結論ですが
ガイドブックはTPOにあわせて選ぶといいかもしれません。

ロンプラは、日本人がいないところが好きな人や
正確な情報が欲しい場合に・・・
歩き方は、写真が多いのでいく気にさせてくれる本です。
たまに、間違えも散見され、一部では「地球の迷い方」って言われていたりします。
ツアーで行く人には、もっと写真や料理が多いほうがいいかもしれません。


昔、旅の途中で『歩き方』の記者に会ったことがありますが、
取材は、本当に覆面でしてちゃんと現地で何年かに一度訪れて
いるようです。

長旅をされる方は、ガイドブックを
使い比べてみても面白いかもしれません。

さて、僕らのガイドブックの選択はどう出るか・・・


ちなみに、「改訂版 モルトウィスキー大全」買っちゃいました。
これは、この土地を訪れるならば持っておくべき知識かなと思い。
一気に、情報と知識を注入中。知らなければ、出会えないのも旅の現実です。


ま、海外版のガイドブックと比較して安いじゃん!という
歪んだ値段感覚による勢いってのもあり。

もう、しません。無駄遣いは・・・行くまでは・・・
でも、いい本だし。保存版だし。ぐちぐち。自分を正当化。

自分への応援もこめて・・・
スポンサーサイト

コメント

レンタカーなら地図は必携

レンタカーでアイラ島をまわられるのでしたら、この地図が大変役に立ちます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0319226603/
ケモノ道のような小径まで網羅されていますよ!

そうだ。こんなエントリも書いてました。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/428/480618#480618
ご参考になれば。

アイラリンク集

nightnoiseさん

ありがとうございます。
トラックバックさせていただいた、記録がとても役立ちそうです。

そして、アイラリンク集、これまたすごい。

ちゃんと準備して、悔いのないように行ってきます。

どんな旅になるのか、今から楽しみです。

そして、初の書き込みありがとうございます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/8-3c73a279

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。