スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CINZANO再考 

味のイメージを決めてしまっている
お酒ってありません?

ボクの中では、チンザノ ベルモットがそれ。

CINZANO EXTRA DRY



バーに行けば、必ずおいてあるけれど、
飲むときにはマティーニか、他の
カクテルとして飲むのが一般的な酒。

気分的には、モルトではない。
かといって、ビールでもない。
ワインを飲むほど、つまみも欲しくない。

でも、ちょっとアルコールがほしい。

仕事で高ぶった神経をなだめるために。

というわけで、
キンキンに冷えたやつをストレートで飲んでみた。

ブドウ酒にとうが立ったような香り、
上品な紹興酒といった独特の味。

うまいじゃん。

ジンやウォッカと混ぜて飲まねばなーと
思っていただけに、単純な驚き。

たまには、CINZANOという選択はいかが?

アルコール度18度が心地よかったりしますよ。

スポンサーサイト

コメント

こんにちは

私は家ではフレンチベルモットのノイリープッラトをロックで愛飲しています。ほぼ毎日飲んでるかな?^^;

私見ですがチンザノよりもまろやかで甘みがスッキリしてる気がします。
ストレートでもおいしいのでぜひ試してみてください^^

チンザノ、安いしね。
1,000mlビンで800円くらいだし。

ただ、ワインがベースだから経時変化が早い。
開栓後は冷蔵庫で保管、早めに飲み切るのが吉。

どもです。

>ゆうさん
ノイリープラットですね。
こんど買ってみます。まえは、うちにあったかな。
飲み比べて、フレンチベルモットはどうかと・・・

>さこさん
保存中は、あまり冷やしておりませんでした。
やや、劣化しているかな。
それでも、ちょっといい味だなと思った
のは、なぜでしょう。

最近、ぐるぐる回る活字を消すために、
寝る前にちょっと飲みたくなるのです。

「活字」とは、よく言ったものです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/73-1425887c

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。