スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレート談義 

私の家族は、甘党ではございません。

ゴディバのチョコレートをなんらかのカタチでもらっても、
苦そうなやつから食べていきます。

みんなカカオだけが大好きです。

白いのだけが残るのです。

20060210003559.jpg
悲惨な写真です(ーー;)

ホワイトチョコレートの詰め合わせの
様相を呈しております。

実は処理するのは、僕だったりします。

いえ、ちゃんと美味しく頂いております。

繰り返しになりますが・・・
ゴディバチョコを注文する際には、
一言「白いやつ抜き」でお願いします。


■チョコレートについてもう一つ。

ヤフーをトップ画面にしている人は、
近頃のバナー広告で押しつけがましくも
「バレンタインのチョコはこれ! 」みたいな
宣伝が並んでいて辟易しているかもしれません。

それを見ても苦味を売りにしたチョコは
なさそうで、恋人のイベントにふさわしく
あま~いものが主流のようです。

うちの彼氏は甘いもの嫌いだから・・・などという
彼氏おもいの彼女のニーズにうまく答えていないと思うので
僕なりのチョイスを一つご紹介します。

チョコレートでいえば、絶品なのはこの店です。

LA MAISON DU CHOCOLAT(ラメゾンデュショコラ)

http://www.lamaisonduchocolat.com/
(フランス語ですが、右上に日本語というボタンがあります)

トリュフ100g 3100円

など、めちゃくちゃ高いですが、

ここの
グレン・ドゥ・カフェ
http://www.lamaisonduchocolat.com/commerce/product.php?c_product_sku=J-GKF

1500円です。 量を対比させたらびびります。

その少なさに!

でも、これで僕のチョコレート観は変わりました。
今までのチョコレートは、なんだったのかと。
なめらかに溶け、甘すぎず・・・

ぜひ、お試し下さい。

高いので、一緒に味見しようといいつつ、
自分が食べるのもありです。

その気持ちが通じれば、大人買いをしてくれるのは、
今度は彼氏・・・(となればいいですが)
僕の小さな野望は、
このチョコレートをわしづかみにして、
思いっきり、ほおばることなのは内緒です。

100グラムは、ほおばれば一口で終わります。
 →1500円

できれば300グラムぐらいは欲しいところです。
 →4500円


うーーーむ。あまり大人げないか。

ちなみに、このチョコレートは、
ウィスキーのお供に最適であることを
このブログの存在にかけて書いておきますね^^;

ハッピーなバレンタインになりますように。
スポンサーサイト

コメント

行って来ました♪

ラ・メゾン・デュ・ショコラ表参道店に昨日行ってきましたv-353

40分程並び、やまぎが書いていた100g3,300円のトリュフを自分用に購入、自宅でマリアージュ・フレールの紅茶と一緒に頂きました。

高貴な香りと味がした)^o^(
濃く深い味に、はまっていく嫌な予感を感じてます。。。

どもーーー。

はるさん

40分ですか。なんだか、悪かったね。
寒い中・・・でも、その価値はあったようでなにより。

ちなみに、同じころボクも表参道で飯を食っていたんだ。
車でメゾンデショコラの前を通りました。
歩いていったら、お会いしたかも。

お勧めチョコ

銀座のピエールマルコリーニ。
チョコレートも絶品ですが、ソルべもとろけます。(マンゴーがお勧め)

甘党でないやまぎも、とろけるはず。

是非一度、ご賞味あれ☆

雑食です

>さーかさん

情報ありがとう。
「ピエールマルコリーニ」
しっかとメモライズしました。

食べられるものは、すべて口に入れてみます。
甘党・・・ではないといいたい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/66-b72383f8

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。