スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓 バーテンダー様 

一人の客として、店に意見するのは失礼なので、
こっそりと、ひっそりと、お手紙を記します。


○ストレートはショットグラスでださないで。

西部劇のように、シングルショットをなみなみと、
ショットグラスに注いだ上に、こぼさないように、
そぉーっともってくるはやめてください。

店にグラスがないからといって、ショットグラスで
出さなくたっていいです。見かけがかっこよくないけど、
ロックグラスにワンショット分だけ注いで結構です。

ショットグラスでは、香りのふくらみを楽しめないのです。

バーは、西部劇とは違うのです。

○オーダーはちゃんと聞いてね。

ストレートで飲む人が、少ないんだろうと思うのだけど、
強い酒だからといって、ロックアイスを入れて飲む人ばかりでないってこと。

できれば、チェーサーも氷を入れなくて、
水でいいです。

天然水で。

近くに、「水注し」があればそれでいいです。

いつもの3人ででプロントに行ったら、
チェーサー用のコップがナマビールのグラス(中)でした。

どういうセンスかわからないけれど、
普通にうまい水と、でかくてもコップがあれば
それでいいです。

家で飲む場合は、ボクもそうなんで。

水道水は、ばれるからやめましょう。

○マニアックな酒でも、回転させてください。

垂直テイスティング(年代順に味見をすること)
を勧めてくれるのはありがたいっす。

バーテンさんと会話をすれば、
モルトが解ることがわかってくれるから、
きっと勧めてくれているんだろう。

その気持ち、うれしいっす。

かたじけない。m(__)m

「77年のラフロイグが、1杯3,000円。
クリスマス前だし、どっすか?」

77年は、ボクの生まれた年なわけですが、

素朴な疑問がもわもわ・・・

そんな高い酒を

どれぐらいの人が

1年間で飲んでいるの。

モルトは、味があまり変わらないって、
いわれているけれど、開けたばかりのボトルが一番よく香りがたつ。

生ビールのように回転させるのは、無理なのは承知しているけれど、
1年以上前に開けたものを処分するかのように飲まさないでください。


▼最近気がついたこと。

モルトバーでないところで、おーーー、ラフがあるじゃん
とか、ボウモア、いいねーーーと頼んでも、
店が普通の店だと、あまり飲まれていないらしい。

よって、香りがしない。

でも、値段は一人前なわけです。

それは、詐欺です。開けたてをもってきてね!

○特別サービスは大歓迎!

アイラ島に行った3人でのある日の飲み。
場所は、モルトの揃っているレストランみたいなところ。

まずは、ギネス、3杯。

つぎに、スキャパに、ハイランドパークに、タリスカーをオーダー。

レストランのウエイトレスレベルでは、
目をシロクロさせてしまうぐらいな、マニアックさ。
(僕らの気分は、ザビエルがキリスト教を日本で布教しているイメージ。)

なんども、根気強く、繰り返す。(左クリックしながら反転させて↓)
「すきゃぱ、はいらんどぱーく、たりすかー、をしんぐる、すとれーとで。」
「ちぇいさーに氷はいれないでくださいね。」


笑顔も忘れずにね。

マイノリティーを自覚している我々は、忍耐を知っている。

でだ、

3人の締めは、ラガヴーリンと決めている。

その気配を察知したのか、

お酒の知識がある店のお兄さんがここで登場。

「この店には、グレンロセスがあるんですよ。
10年、15年?20年?(詳しい年代は忘れた)」20051111230236.jpg



「飲んだらモルトグラスをあげますよっ」

「おおおおっ!」(一同歓声)

ないす!!!

他のお客さんには言わずに、僕らにだけ提案。

足元を見やがる。というか、うぬ、よく見切った。(ケンシロウ風)

あのオーダーが我々の素性を明らかにさせたか・・・


「ロセス10年を三杯くれ!」

そう叫ぶ、サコさん。

「でも、10年じゃーグラス上げられませんよ。」

「えっーーーー、そんなーーー。」

「エロ目でそんなこというなよ、兄ちゃん。」
(とは、言っておりません。)


それはそれ、店には事情もあろう。

会社に都合があるのと同じでね。


そうはいいつつも、
モルトがきてしまえば、きゃっきゃと騒ぐ・・・とっても単純です。

色を見て、香りを楽しんで、加水して、
一通り楽しみました。


夢中になっていると・・・


最初は、もらえないはずだったグラスを
3つ抱えて、兄ちゃん登場。

「とくべぇーつに、あげるんですよ。」

「はぁ??うぜーーー」
(とは、いいませんでした。)


が、エライもったいぶったあげくに、
机に上においてくれる。

無邪気に喜ぶ俺ら。

グッズに弱いオトコ達です。

「ありがとう、にいちゃん!」
(小鳥がはじめて親鳥を見たウルウル感ばっちしの瞳付で)

販促商品があれば、すぐにコロビます。
(宗教改革なんて、構造改革より簡単です)


モルトの販売増強のために、販促費を使う場合
ターゲットのイメージは、こんなオトコたちか・・・

広告業界でよくいうF1層(20~34歳の女性)
にはなれないけれど、
ポイントを絞った広告と販促は確実に効きます。

マーケットは小さいけれど、効果は抜群です。

僕らには・・・

8日の日経の1面を使ったサントリーの山崎の広告。

あれがメタファーとなって、帰りにバーに寄ったり、
今日の飲みの締めは、モルトにしようかなって思ったりする人が
全国で何百人かはいるはず。

販促は、会社が傾くほどやってください。
店のサービスは、赤字覚悟でお願いします。



○モルト輸入会社のご担当者様へ

モニターを募集しているなら、どうかご連絡下さい。

喜んで、協力します。

いや、させてください。


お待ちしてます。

ほんとに、待ってますからねっ。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして♪

モルトつながりで訪問しました。
私も最近モルト、ハマってます。(やっぱりアイラがいいよぉ~)
でも、お金が続かない・・・(泣)
スモーキーでフィニッシュが長く、バランスのよいモルトが好きです。(って、「知ったかぶり」してますが(爆)ぜんぜん初心者ですので、イロイロと教えてくださいね♪)
また来ますね!!

うさ

>うさぎ さま

初めまして。
アイラ島に行くための、ブログだったのですが、
結果的にごちゃごちゃなテキスト群です。
探しにくく、分かりにくくてすみません。

モルトdeつながりは、大歓迎です。
いつか書いたとおり・・・
モルトを臭いといわない人は、愛すべき存在です。

うん。間違いなく。

ゆるーい更新ペースを守っているので、
あしからずご了承くださいませ。

トラバやリンクもさせて頂きますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/54-b644fc03

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。