スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治的状況の整理 

客観的な政治動向はよくわかりませんが、
政治の動きと心象の違いを意識して書いてみます。
こういうのを抱えておくと、
精神的な負担になってしまうので。



民主党が本当に政権を担えるとは、
誰も思っていない。

けれど、民主党が勝った。

小泉改革のおかげで、自民党の基盤がぐらついていたからだ。

安倍政権は、改革の痛みを国民と共有することができず、
人事の失敗が政治家としての信頼を失墜させたからだ。

加えて、民主党の主張のほうが保守的で
短期的に厳しい政策を嫌う国民にとっては
優しい政策にうつったからだ。

と、原因はあげればきりがない。

小泉というカリスマに支えれなければ、
改革の継続は困難だった。

どの紙面もこう書いている。
痛みの伴う構造改革をぶれることなく続けるべきである、と。

経済の停滞を招いてはならないというのは、
国家にとっての競争力をつけ、国民に痛みを強いるということだ。

だが、経済成長の「果実」そのものを疑ったかどうか。

何が待っているのか、どんなビジョンを持っているのか。
実行可能な計画なのか。。。命をかけてそれをやり遂げられるのか。

政治家が、信念を持って国民のためであると命をかけられるかどうか。
究極的には、政治家が自らが描く日本の国家像を戦わせて、
政権に関わらず行動すべきである。

安易にポピュリズムやナショナリズムに流されるべきではない。

政権をとるつもりならば、大同団結をやってもよい。
国民のコンセンサスを得た上で、
これからの成長を目指せばよいではないか。

望んでいるのは、リーダーシップなのだ。

もし今回の結果が、
小泉流のリーダーシップへの反動へのゆり戻しならば、
違うタイプの個性があるリーダーを国民は求めているということだ。

思いっきり理想論をぶつのは、空虚かもしれないが、
その線で政治を語らねば、他に何があるというのだ。

理想と現実は、いつまでたっても埋まらない・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/218-59f8bd75

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。