スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考メモ 

徒然をメモ、めも。

■足型

電車の中で、サンダル履きの女の子の足が目にはいった。
親指が人差し指より、すごく短い。
前にクライミングシューズの足型特集で、
こんな足しているやつなんているのか?
なんて思ったが、実際にいた。

この足型を「ギリシャ型」という。

ちなみに、人の足型には3つの型があり、
「エジプト型、ギリシャ型、スクエア型」
があるのです。

名前が、中東エリアというのも面白い。


■皮のブルゾン18万円なり。

うー、これはしばしうなされそう。
物欲、我慢です。

渋谷でSHIPSやBEAMSで、クロケットジョーンズや
オールデンとかの靴を見ながら北上。

そのあと、マーガレットハウエルの路面店へ。
どちらかといえば女性ブランドで有名なこの店。
いつもなにか、いいものがある予感がするのだ。

そこで牛革のブルゾンと出会った。

羽織ってみますか?

これを2回繰り返され、着てみた。

今、ボクが冬に着ている革のブルゾンとほぼ同型。
無駄なく、シンプルなデザイン。

羽織ってみると、革の独特の重さをそんなに感じず、
本革だけあって体に合う柔らかさがある

色合いは、若干濃いけれど、
汚れがへんに目立たないから、気兼ねなく着れるし、
ボトムを選ぶこともない自由度が魅力的。
そろそろ、アウターの年相応の格好もかんがえねば・・・

我が家に眠る、現役のブルゾン君は、
欧州をバックパックで旅行していた当時、
予定を変更して北欧をまわることになったので、
ドイツの古着屋さんで見つけたのだ。
ザックを担いだりして荒っぽく使ったから、そうとう痛んでいる。
でも、お気に入りでなので毎シーズン結構着ている。

この後継者として、導入するべきか。

しかし、18万円とは。。。

質のよさはわかるんだけど、
その値段を出すなら、他に買うものがある気がしないでもない。
サイズもばっちりだけど・・・

いや、あるはずだ。うん。

一生モノのアイテム。。。

と、店員さんの一撃。

加えて、

日本ではここしか、この1点しかない

という、会心の一撃がたたみかける。


うわーーーん、

また出会えるよね。

きっと。来年は半額でw

絶対そのときは買うから。。。


■暑すぎるよっ!

この都会の暑さは、食欲を奪う。

渋谷エリアを久しぶりに歩き回ったせいか、
もう人ごみと暑さで死にそう。

暑すぎですよ。東京は。異常なほど。

というわけで、バランタインのソーダ割をもていぃ!

どーーん。
20070728201429


食欲増進のカンフル剤として、飲みます。
強い炭酸にやや酸味のある味わいのモルト、
それから鼻に抜けるドライでスモーキーな香り。

夏だ。

これより暑くなると、ラフロイグに移行します。
バランの酸っぱさがいやになるので、ドライだけの辛口が
ラフロイグのソーダ割りで楽しめる。


それから、この時期の定番、
ミョウガとショウガと大根おろしとかで、

胃の調子を整えておくことにします。
絶対に、筋肉は落とすような痩せ方はしないように、
ちゃんと食わねば。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/217-1e8669d7

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。