スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガ:バーテンダー 

クライミングジムには、マンガが置いてあります。
腕がパンプした場合には、時間だけが解決してくれます。
だから、マンガなのです。

そこで「バーテンダー」を手にしました。



バーテンダーのプロフェッショナルさをリズミカルに描いた作品。
キャラクターの個性がたち、コマ割ごとにテンポがよく、はっとさせられたり笑わせられたりとリズムが気持ちよい。加えて、カクテルの知識やバックグラウンドの深さがストーリーに厚みを与えている。

銀座でバーに詳しい人ならば、モデルとなっていそうなバーテンダーの名前を挙げられるかもしれない。仕事に対するこだわりや、雰囲気が名店のバーテンダーと似ているのだ。

まだ2巻しか読んでいないが、バーテンダーが「Bar」という止まり木と、「tender」というやさしさという意味でできているということから始まり、ストーリーに絡めてリキュールからカクテル、モルトの薀蓄を得ることができる。それは、バーテンダーのプロフェッショナリズムの隠された部分であり、読み手(飲み手)である我々に、バーでの楽しみを教えてくれるものである。

1,2巻のなかでこんなストーリーがある。

ある有名店を追い出されたバーテンダーが主人公とカクテルの勝負をすることになる。同じ材料を使って作ったが、主人公のカクテルの方が味がよかった。その差は何か……同じ材料でもレモンの傷みに気がついた主人公が、その部分を使わずにカクテルにしたのに比べ、そのバーテンダーはレモンの傷みに気がつかずカクテルの味を悪くさせてしまったのだ。

「一事が万事」なのである。万に一つの可能性でおきたこの差が、積み重なるとバーの格となる。

昨年から飲み始めている「ラフロイグのソーダー割」。
単純な飲み物だが、うまい店はうまい。
こだわった氷に、適度に冷えたソーダー水、グラス。
このバランスで、ラフロイグの香りがどこまで引き立つか・・・バーによって味が違う。

今でも思い出す美味しさを引き出すバーがある。
その店は氷が堅くて溶けにくいものを使っている。その氷をグラスのなかで丁寧にステアしてから、溶けだした水を捨ててからラフロイグを注ぐ。それから加えるソーダー水も普段見かけない銘柄。グラスも卵の殻のように薄くて口当たりが滑らか。

バーテンダーのこだわりがそこにある。
いろんなバーで飲んで、わかった格の違い。

「BarTender」に込められた素敵な意味を知って、久しぶりに行きたくなった。

でも僕は、そこでは何も知らない顔をして飲むだろう。
きっと彼は変わらない味で出してくれるだろう。

スポンサーサイト

コメント

サコ家、全巻あるよ。

城アラキが原作の漫画(ソムリエ、瞬のワイン等)は、読み手によって感じ方が違うと思う。
酒が好き・嫌いじゃなくて、ホスピタリティの無い人間が読んでも面白くないだろうなって思う。

サービスって、難しいね。

おーさすが。

クライミングジム@マン喫ということで、お願いします。普段読まないマンガを読むことにします。

サービスとは何か、大事なことはそこなんだろな。僕にはあう本でした。

サービスの難しさ

良くあるのが「過剰なサービス」
小さなことで言うと、スーパーのレジでいちいち小さな袋に入れてくれるレジの人っていますよね。
あのー、そんなのはいいから早くして(笑)
私の後ろにたくさん並んでますよ?みたいなね。

相手や状況によっての臨機応変さ、機転が大事なんでしょうね。何事も。

おっ、ヴァニラさんだ!
お気に召されたかどうか心配です。
当サイトでは、艶出ししてませんのでw

あらやだ

違う名前を入力したのにヴァニラが優先されちゃうみたいね。

アタクシが「スーパーのレジ」ですって??
ありえない。。。(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/181-597f5880

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。