スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康のために 

読み返してみたら、新聞の健康欄のような感じになっちゃいました。
たまには、気分を変えて。




■体の調子を測る

コンディションって、いつも一定じゃないよね。

仕事の負担やストレス、前日に飲んだ酒の量、人間関係とか刻々と体は変化しています。日常では気がつかない小さな変化を週一回ぐらいのクライミングや水泳で感じて、体の調子を自覚しているつもりです。
自分では体の調子がいいと思っていても、壁を登っていて体を重たく感じたり、泳いでいても苦しくなります。体は、正直です。

たとえば、仕事が煮詰まって帰りが遅くなった時、その日の仕事量を見切れずにちゃんとした時間に食べられなかった自分を恨んでももう遅いのです。

もう何も作る元気がないときは、パスタとソースでワインを開けてモチベーションをあげるか、冷凍ご飯を解凍してお茶漬けとか、大量のサラダを食べたりとか・・・そういう状況なので、実家にいるときより栄養素のバランスは崩れているかもしれません。

そんなときに大事にしたいのが、生姜やミョウガ、シソ、バジル、ゆず(ゆずこしょうも)などの香りのある調味料的野菜を常備しておくと元気が出るから不思議です。深夜になったら、うどんを茹でたりしてしますが、薬味にふわっと香る自然に懐かしさを覚えます。

仕事の緊張をリラックスさせるためには、緊張を解いてくれるような柔らかいお酒を飲むのもいいです。例えば、温めたミルクにアマレットを加えると牛乳がアーモンドの香りでおいしくなりますし、梅酒をお湯で割って香りを楽しみながら体を冷やさないというのも、痛飲するよりは、気分が和らいで明日への活力になるとおもうのです。

短気になっていたり、調子が悪かったり、そういうのはどこかに理由があります。体には、自覚的でいたいものです。
スポンサーサイト

コメント

疲れているので

とっても参考になりました。

ここ何日か、3月というのもあって夫婦ともども多忙で顔を合わすこともなく。。。娘は春休みで実家に預けているので、ひとりで晩酌しているような状態。

疲れた精神を酒で癒す日々。。。

まだ読んでいませんが
山田詠美の「無銭優雅」
タイトルに惹かれます。

小金を稼ぐためにこんなにも神経をすり減らしている。
人にも優しく出来ない。気持ちに余裕がない。
なんだか、つつましくてもいいから
ゆったり暮らしたい・・・。

なんて、ついつい弱音を吐いてしまいます。
途中で投げ出せないので
今は進むしかないのですが、ね。

疲れているので
とりとめがなくて、申し訳ないです~。


おつかれさまです。

期末ですから忙しいですね。
素敵なお宿に行った想い出を脳内でリフレインしながら、安定化してみてはいかがでしょうか。

いつか、「気分orモチベーションで仕事をするな!」でしたっけ、うさぎさんのそんな仕事観が好きです。がんばるなと言わない人がいますが、ここはがんばりどころだと思います。

闘いすんで、美味しいお酒が飲めますように・・・

ありがとう。

厳しい世界でがんばっているやまぎさんに励ましていただいて、嬉しいです。

今週末は、なんとか小休止できそう。
友達とおいしいものを食べたり呑んだりして、自分にちょっとご褒美♪です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/168-4c6a1576

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。