スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える→喜劇、感じる→悲劇 

茂木さんの本を読んでいたら、出てきた言葉。

なかなか、味わい深い。。。

「世界は考えるものにとっては喜劇であるが、
   感じるものにとっては悲劇である」


 “1770年、イギリスの首相ロバート・ウォルポールの一番下の息子、ホラス・ウォルポールは、サー・ホラス・マンに宛てた手紙の中でこのように書いた。

考えたり、感じたり、忙しい。

考えるのはやめられるけれど、感じるのは避けられない。
だから、喜劇と悲劇と言われるのかな。

箴言の味わいが、好きです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/161-5d0acfb8

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。