スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長の記憶 

焼酎を昨日は何杯飲んだんだろう。
飲み放題のくせに、美味しい酒がそろっているもんだから、がぶ飲みペースで飲んだ飲んだ。

で、頭が活字についてこれないぐらいの二日酔い。
仕方がないのでメールでも書いているふりをしている。

学生時代に経済のことや哲学のことを印刷した小さな紙切れを、ぼくは、新聞と称してみんなに売っていた。しかも100円で。やっとパソコンが普及してきた頃で、まだメルマガよりも紙での印刷が力を持っていた時代、きれいな活字で文字を組むのが楽しくて毎月発行しては、10人ぐらいに配っていた。いまそれを読み返すと、書くことが目的になっていたために内容はずいぶんひどかった。

二十歳の学生さんの挨拶を聞いて今まで歩いてきた遠くて長い道のりを想うとぐらぐらしてきた。身につけてきた知識と経験が僕にはあって、彼女にはない。広い世界を見てやろうと旅をしたことや、銀行で企業の財務をめぐって、今、ここにいる自分という存在が・・・

って、えーい面倒になってきた。途中まで書いてきて匙を投げちゃう。
二日酔いだし。。。

何を言いたいかっていうと、いろいろ回り道をして結果的には学生時代に好きだったことに近いことをやっているんだなっていうこと。圧倒的な読書量を持つ人との会話とか、キレキレロジックの厳密な文章添削とか、そういうのを全部ひっくるめてよしとしている。このような感情を読み手の心情に想起させ、明日への力が出るように書いてみたかったらしい。匙でなくペンを投げたのだ。

10年のスパンで考えるきっかけになったのは、10歳若い子と会ったときの印象がたどたどしさからきている。体に気をつかい、自分はまだ若いとおもっていたら、あっとう的な若さにおののいたわけ。


こりゃ、ブログペットなみの文章だな。
あっちょんぶりけ的駄文と名づけて、アップします。
二日酔い回避だけは、まったく学習しないことがわかりました。
スポンサーサイト

コメント

たまには、翌日も酒にヤラれるのも、よしとするってのはどう?(笑)

そんな、つれづれなるままな文書も、また味があります。
「知」の鎧を脱いだ「素」のやまぎさんって感じじゃない~♪

う~ん、それでも

やっぱり「知的」だわ。

胃がぐらぐらっす。

昨夜に帰宅したら、机で突っ伏していて気がついたら5時。
7時半まで寝て、あわてて会社に。

ほんとに、ひどい一日でした。

こういう時のコメントは、心にしみますね。ありがとう、うささん。

書き出しの勢いを持続するのには、体力と根気がいりますよね。もったいないからアップしてしまったのでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/160-ce4bbd5b

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。