スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の規定力 

やや風邪気味です。そろそろ直ってもよいころです。

久しぶりに会社のできごとを書きます。
力が入った書き方なので、冷静にジャッジしてください。



「言葉の規定力」

こんなことを思うのは僕だけなんだとは、思いたくない。

今日は、わが部署に学生のインターンを受け入れる日だった。

彼女がなんでこんな小さな出版社に来たのかというと、銀行や証券会社を希望しているためらしい。背が低くて、ちっちゃい顔に目がくりくりしていてかわいらしい大学生。ややリクルートスーツが大きいせいか、よけいに小さく見える。学生が会社というものをイメージして、精一杯の正装をしてきたって感じだ。

即席の机と椅子が用意されて、なんだかんだと雑用をやらされていた一日の最後に、彼女と元銀行出身の隣の人との会話が聞こえてきた。
銀行とかってどうですか、と聞く彼女に答えて、

「やめたほうがいいよ、あんなところ。ぼろ雑巾のように使われるだけだよ。公務員がいいよ。楽だし休めるし。」

哀しそうに、えーっそうなんですかと彼女。
同じく銀行出身のデイトレのプロが前に座っていて、思わずその会話に割り込んで

「自分が(仕事を)損切りしたからって、人にそれを押し付けるのはどうなの。」

と、いってから、

「ヤマギ君、なんか言ったほうがいいんじゃない」

と、僕に会話をふってきた。

わーなんで、僕なんだと思いつつ、隣の人の発言に反感をもっていた僕は、

「銀行や証券会社は、社会人のスタートにはいいところだよ。最初に会社に入るなら、絶対オススメだね。」

と、思わず言っていた。
彼女はきょとんとして、いろいろ人生勉強をしてから決めようと思いますと言ってから、机の周りを整頓して帰っていった。

僕の頭の中では、デイトレのプロが「仕事を損切り」っていう言い方のうまさに感動してそうだよな、仕事を変えるときは損切りだよなとぐるぐると考えていた。と同時に、ふだんは冷静な彼が僕に会話をふったのは、同じ銀行出身者の僕に強い言葉を言わせたかったんだと気がついた。

銀行や証券会社を志望した彼女の動機を聞いてはいないが、何かのきっかけで選んだ彼女の答えを変える出来事が目の前で行われ、それが無神経な言葉から始まったのだ。その裏には、隣の人のつらい経験から来ていることも知っているが、そのまま学生にぶつけてよい言葉ではなかった。

金融業界を変なバイアスをかけてみて欲しくなくて、デイトレと僕の言葉は全力で打ち消すべく戦ったのだ。彼女は、そのことに気がついただろうか。言葉が人生に与える規定力を僕は恐れていて、特に就職を前にした時期の大人の発言は大きくて重たいからだ。

大人はずるい、何を言っても許されていると思っている。
世間に揉まれて強くなるというけれど、麻痺するぐらいだったら、痛くても感覚の鋭さは失いたくないものだ。
スポンサーサイト

コメント

「言葉の持つ重さ」

同感です。
たぶん隣の人はオトナぶって「物知りげ」に言いたい気分だったのかもしれません。自分の発した言葉が彼女にどのような影響をもたらすかなんて、そこまで考えていなかったかもしれません。いや、もしかしたら「俺にそう言われてやめるぐらいの志じゃ、ね~」と思っての発言だったのかもしれない。
同じような発言に既婚者の「結婚なんて、しないほうがいいよ」なんていうのもあるね(笑)
結婚は「この人に賭けてみる」「共に築いていく」という気構え、決意がないとなかなか飛び込めない。先なんてわからないし。
そういう意味では、就職も結婚も以前より「途中での転換」が世間的に普通になってきていて「乗り換え可能です」って感じの風潮なんだよね。
「最初に会社に入るならぜったいオススメ」というやまぎさんの言葉に、「就職」という捉え方の時代の流れを見た気がしました。

もうひとつ(笑)

その子も、そう言われて「楽(らく)したいんじゃないんです。銀行でこういうことを学びたいから」なぁんてきちんと言える子だったら、小気味よかったでしょうね(笑)

子どもは、大人の影響を受けていてお互いがそのことに気がつかずに、意識の底でもやもやしていていて、その結果人生が変わっていくことが許せなくて。いろんな大人がいるということも、一つの社会勉強だと思えればいいのでね。感じやすい子(笑)だったら、心配だなというのが書いた動機です。

仕事で弁護士さんと話すと、「結婚」の悪口をよく言われるので最近は萎えています。話せばわかる人を募集していますw

>もうひとつ(笑)
そりゃ、大人の女の切り替えしですね。そうであれば溜飲を下げられたと思われます。そうであればブログも更新されなかったかもしれません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/159-cbb067db

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。