スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度と手帳 

昨年も、手帳のネタをブログに載せたので、
使用後の結果報告なども交えて、文章にしてみました。


 新年は1月から始まる。新年度は4月から始まる。
 半期ごとの営業成績に追われていた時には、新年に立てる目標と半分までしか進んでいない営業成績とのあいだがいつまでも埋まらなかった。営業でない今は、新年からのスタートで丁度よく、新年の目標と仕事の目標を重ねることができる。今では、4月は新年度の始まりであったことを忘れるほど、忙しい時期でもある。
 二度も新年の気分はいらない。

20061225234051.jpg

切抜きやらデータを貼り付けた「ほぼ日」手帳

20061225234148.jpg

部屋のレイアウトを検討する際にもマス目が便利

 さて、手帳の話をしよう。
 社会人になってから5年、同じ手帳を一度として使わず、毎年の感覚で変えている。若いころは、自分の価値基準を揺るぎなく持って不変の一品をと、よくよく吟味していたはずだが、不思議に今まで定番になった手帳はない。今年使っていた「ほぼ日手帳」がなじんで、ちゃんと汚すことができ、使っていて安心するのだ。おかげで、一日1ページのスペースも思いつきをじっくり書けることがわかると、「ほぼ日」に散りばめてある言葉がうるさく見えてきた。まことに不遜ながら、一日の言葉は自分が書いた過去のページの言葉であると。
 今年は、シンプルにモルスキンの手帳にしてみた。手帳というよりも、日記帳だ。果たして、使いこなせるだろうか。

<「ほぼ日」のだめな点>
 ○紙が薄いため、筆圧でページがごわごわする。
 ○紙がインクを吸わないため、インクの乾きが遅い。
  すぐに閉じると、前日のページもしくは翌日のページが、汚れるので筆記具はボールペンがよい。
 ○「この手帳についていないもの」「マンガ」のページが無駄。
 ○下に一日ごとに言葉がなくていい。ないほうが、余計に気持ちがブレない。
  たしかに、暇つぶしに最適であるが、考え事をしているときは邪魔である。

さて、来年はモルスキンで仕事ができるだろうか。
 
20061225234231.jpg

ピカソやヘミングウェイもつかったというごっついモルスキン。
   来年は、一緒にがんばるパートナー。
スポンサーサイト

コメント

ちなみに

フランクリンコーベイ社の手帳は、使ったことある?優先順位のピラミッドが、日単位、月単位、そしてもっと長いスパンで視覚に訴える手帳です。
ナマケモノの私にはとっても優れものなのだ♪


外国の手帳は、カレンダーが日本風でないので使ったことありませんです。モルスキンの手帳に日本の月間カレンダーを貼り付けて、予定を入れています。

プロジェクト管理よりも、思いつきや企画のメモがたくさん書けるかどうかが、今の手帳選びの基準です。

さーかもこだわり派だねー。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/146-776262d5

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。