スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅のルートについて 

時流にあわせて争点なんて言葉が・・・
今年の日本の選挙もずいぶん面白いことになりそうです。
ちゃんと不在者投票していくことにします。


さてさて、ルートを決めないといけないです。

迷っているのは、アイラに行った後どうするか?

3日ほど、グラスゴー→ロンドンまで戻るに時間があります。

選択肢は、大きく二つ。

A.北にあるスペイサイドの蒸留所を巡るか、
B.エジンバラを観光するか。


○今回の旅の目的

アイラモルトがメインであり、スコッチの蒸留所めぐり。

スコットランドの田舎だけでなく、観光もする。

ちゃんとした、現地の郷土料理を食す。

なんか色々語る。

○スペイサイド情報
グラスゴーからスペイサイドの最寄のインバネスまで、
飛行機で50分。
レンタカーを借りて蒸留所めぐり。

○エジンバラ情報
グラスゴーから電車で60分。いっぱい電車あり。
スコットランドの首都。城がドラクエみたいに立派。
博物館、宮殿など、見所満載。

比べると、
 費用面 スペイサイド× エジンバラ○
 エンターテイメント スペイサイド× エジンバラ○
 趣味・目的 スペイサイド○ エジンバラ△
 自然 スペイサイド○ エジンバラ△
 地域の変化 スペイサイド○ エジンバラ×
 体力消費量 スペイサイド× エジンバラ△

多くの地域を、いろんな方法で旅をする。
これも旅の醍醐味だけれども、時間がなく辺鄙なところを
周るのはこれまた、苦労も多い。

グラスゴー周辺の蒸留所は、
 KINCLAITH
 GLEN FLAGLER
があるものの、両方とも過去の閉鎖されている。

エジンバラ周辺では、
 ST.MAGDALENE
があるものの、ここも閉鎖。

ローランドというエリアになるのですが、
このあたりで残っている蒸留所は10しかないという。

蒸留所めぐりはあきらめ、のんびりご飯を食べつつ、
このレアな酒を堪能できるバーを探すというのが
ベストな選択か・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/11-d47a0378

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。