スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都・大阪 探訪記① 洛北編 

暑い暑い大阪・京都を走り回りました。

これから書くことは、1日の間に起きたことです。
無茶は承知のハードスケジュール。

主に
 ①貴船神社の川床で流し素麺を食べること。

 ②山崎蒸留所を見学し、試飲しまくること。

 大阪にとんぼ返りし、

 ③有名な焼肉店「但馬屋」にて焼肉を食べること。

をしてました。

その1 大阪市内→京都洛北探訪

(大阪市内→出町柳→鞍馬山→徒歩→貴船神社→川床にて流し素麺)




PICT0200.jpg

叡山電車がのんびり走る・・・
京都ってちょっと行くと、たくさん緑があるんだよねぇ。
ここで、高校時代を送った友人たちの優雅な青春時代をうらやむ。

PICT0201.jpg

鞍馬山に到着。
子供の頃のヒーロー、義経に思いを馳せる。

しかし、このエリア一帯を説明したパンフを手にした
編集長が、その記述の非現実さに憤る。

一部抜粋

「尊天とは、・・・私たち人間をはじめ万物を生かし
存在させてくださる宇宙生命・宇宙エネルギーであって・・・」


それに輪にかけて、金星人の伝説とか、
このあたりの伝説の想像力はたくましい。

まあ、仕事じゃないっすから、ええ。
お手柔らかに。



貴船神社とおみくじ。

ジャーーン!!!
PICT0205.jpg  PICT0204.jpg


水に浸けると字が出てくる仕組み。

とりあえず、「中吉

おしっ!

で、恋愛運

どーよ? 中吉らしく、きたか!!

ここは、文字を白くしたので反転させてみるべし。(貴船流)
  ↓  ↓  ↓
「気ながにして待てば、心のままになるべし」


ちぇっ・・・

気をとりなおして、腹ごしらえ。

流し素麺の川床会場。
PICT0206.jpg


待たされたので、体も冷え切ってしまうほど。
涼しすぎる。気持ちよすぎる。寒すぎる。

素麺屋は、弁当と比べて安く1,200円なので、
雰囲気だけ味わうには、よい値段。

むろん食べている最中は、
素麺がすごい勢いで流れるので撮るひまなし。

決戦1分前の図。

PICT0207.jpg

箸のスタンスに力強さを感じる。
他の人の素麺も食べちゃう勢いです。

さぁ~て、次は山崎です。
PICT0208.jpg

スポンサーサイト

コメント

多忙な一日で・・・

「心のままになる」んだから、気ながに待ちましょうよ(笑)

貴船の川床、私も一度だけ行ったことあります。まさに「涼」をいただく、という感じですよね。

そうそう!土曜日(昨日)山崎に行って参りました!ナイスなロックグラスまでもらい、「さすがはサントリー、太っ腹じゃん♪」なんて感心したり、モルト試飲しすぎて帰りの電車で酔っ払って寝ちゃったり(おひとり様なもので・・・)嬉し楽しな見学でした!
またブログにアップしますね。
やまぎさんの記事も、めちゃ愉しみです!

うさ

心のままに・・・

>うささま

気長に待たないといけないですね。

山崎のロックグラスを私も貰いました。
山崎の部分はシールなのには、がっかりしましたが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/102-cb9a6ed3

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。