スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりの始まり 

ご無沙汰でした。
ちょっと思うところを書いてみました。
お時間のあるときに、お読みください。




お台場であるフェアの取材に行った。
セミナーで僕の前席に座っていたのは、名札から日○B○社の女性らしかった。熱心にメモを取っていたその手帳は、「ほぼ日」だった。

やっぱり、使いやすい手帳なのだろう。
短いセミナーの記事のメモぐらい余裕で取れるスペースがある。

今年は、モルスキンのポケットダイアリーを手帳代わりに使ってみたものの、いろいろとチューンナップが必要だったこともあり、今年は「ほぼ日」の手帳に戻すことにした。それでも、この黒い手帳もぼろぼろになってくるとかっこいい味がでてきた。切り貼りした資料や伸びきりつつあるゴムと手垢でいい感じなのだ。

来年は、2年ぶりに「ほぼ日」君にがんばってもらうことにした。

頼むよ!

さて、最初に「ほぼ日」を買ったのが2年前。

ちょうどアイラ島の旅をメインのコンテンツに据えてモルトウィスキーの魅力にとりつかれてブログの更新も頻繁に行っていた時期だ。オーセンティックなバーでの過ごす華やかな時間や会話が楽しかった。それは、自分の知識や味覚に対する自信に加えて、アイラ島に行った実績が、バーでの酔いの気持ちよさを倍増させていたのだろう。

その後、実家から離れ、「1人暮らし」を決意し、ブログのネタも新鮮な自分でやる家事や生活に変った。今読み返せば、「できるんだぜ!」という自慢がほとんどで、むしろ寂しさの裏返しのような記述ばかりが並んでいる。と、同時に映画や本のレビューを気が向いたら書き散らし、ぼやいてみたり、仕事がらみの自己啓発文が更新されていった。

ブロガーとして写真や文章を綴ることが面白かった時期と、
そこに煩わしさと更新することの目的が見えなくなっていった後半。

よく考えそして厳しくみれば、「Road to Islay」は、スコットランドのアイラ島に旅に行き、戻ってその報告をした時点で、このブログの役割は終わっていたのだろう。

SNSのミクシィと併用して、ブログとネタを使い分けて、
コメントを求めず、日記に足跡を残した人がとまどう心配がないから、
このブログでは、重すぎたり、深すぎたりしたマニアックな想いを発散させていた。

実のところ最近の一番の読者は、まちがいなく自分であって、
自ら歯切れの悪い文章や、もどかしい感情に向き合っていた。
それはブログに書けたことと、書かなかったことの間にある
感情のアーカイブとして、昔に浸っていたいという甘えでもある。
そのことに気がついてから、「更新できなかった」のだ。

学生時代は、今以上に色々と考え、悩み、答えがないそれらの事をノートに書いていたけれど、ブログでは「読み手」を意識しているだけに、文章は、奇をてらい、見栄をはって歪んでいるようにみえる。

もう・・・いいのではないか。

虚勢をはって、博識を気取らなくてもよい。

レビューを本気で書こうとすれば、資料を渉猟したりや、文章の整理で相当な時間もかかる。

その豊な時間に価値を見出せなければ、更新なんてできなくて当たり前だ。

更新していないくせに、コメントがないかなぁと、
いつもの日課がなくなるのはさびしいけれど、まあ、ここは1つ仕切りなおしの時期でしょう。

というふうに考え、今回の記事をもってブログの更新をやめることを決意した。

ここ最近は、何も変わらないココに来てくださった方々、
そして、今ここまで「Road to Islay」を読んでいてくれたPCの前の親愛なる読者一人ひとりに感謝申し上げます。

もちろん今後とも、ブログ以外でのお付き合いをよろしくお願いします。
ちゃんと向きあって飯を食い、飲み、遊び、語りたいと思います。

ありがとう!!

やまぎ
スポンサーサイト
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。