スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生々流転 

二日酔いで、復活までの手持ち無沙汰の時間に嫌気がさして、
脳がゆれないようにやさしく思考してみる。

寒くなると暑かったときには思いつきもしなかったことを
なぜか考えることができるようになって、
深く清らかに考えることができる気がする。
もやが晴れたような、遊びがない心のぐあいなのだ。

シーンとして寒々とした朝の風景を眺めていると、
脳裏にぼんやり浮かんでくる言葉とか映像とか思考全体のなにか。

不思議なものだよなぁ。
この、ピュアな感覚が好きで、しばらく漂わせてみた。

どうしようもない思索のあとです。駄文ですみません。



■生々流転

「生々流転」のイメージ。

川の清流の石と水の関係。
崖からくずれる小石がころがる様子。
車で移動する夜のながれる風景。

生々流転(せいせい(しょうじょう)‐るてん)

 万物が限りなく生まれ変わり死に変わって、
 いつまでも変化しつづけること。



普遍的なもの、永遠というなにか、
人が求めるものに共通するキーワードは、「不変」だ。

いっぽうで、3か月で人間の細胞だってすべてが入れ替わるように、
身の回りのもので、万物で変わらないものはないのだ。

不変を人が求めるのは、変わりゆく自分も含めて
永遠への憧れをみているからだろう。

変わらないものをみて、変わった自分を思い起こす。

だから、普遍的なものを求める。


精神的に健康であるために必要なのは、
老成という言葉があるように、今の自分は過去の自分よりは、
ちょっとはましであると思い込めるだけの自信だ。

変わってしまったと、ネガティブに考えるのではなく、
よりよい自分になったと、変化をポジティブに受けとめることだ。

自分だけじゃなくて、他人にたいしても同じだ。

いろんな人間関係があって、いろんな立場に人は置かれる。

彼女に限らず、仕事や遊びで運命を共にする人と
つきあうなかで、相手に求めることはなんだろう?

自分だけでも変化を毎日繰り返しているのに、
付き合っている相方にだけ不変を求めるのは酷な話だ。

たった一つでも、変わらないもの、変わって欲しくないものを見つけて、
それを大木の幹にして、生まれ変わる葉っぱが装いをかえるように
自分以外の他者の変化をみつめる。


関係性の変化が、人との関係を変える。

自分だって変化するのだから、相手にだけ不変を求めちゃいかん。

かけがえのない他者との何十年来の付き合いの中で、
変わらない部分を愚直にまもり、幸運にもそれが、うまいこと
自分の感性にあえば、かけがえのないものとなる。

怖いぐらいに変化の激しい時代に、不変的なものを1つ見つけて、
それに愛情を少々ふりかければ、他者への優しいまなざしになる。

「生々流転」と「不変」のはざまに、
人間関係があって、人が生きている。


やっと、昨夜の酒が抜けてきた・・・
熱いシャワーを浴びて、町に出ることにしよう。
スポンサーサイト

雇用してあげたのができる(BlogPet) 


秋葉原で飲んでみました

そう考えるとなんだか力が沸いてきてしまい、
「おーけ、やったるでー」
と、
「雇用してあげたのができる」


会社は、ただ一人で以前に私が
「チャレンジングな転職ですね!」
と言った人でできないことが、会社とか、すごい
やまぎができる
と、アイラ君が思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「アイラ君」が書きました。

美食?いやみ?偏屈? 

最近、肩幅が広がり、胸が出てきました。

ちょうど、何かを登りはじめてから、
1年が経ったようです。

少しは、強くなったのだろうか。

20061024224042.jpg
(ボートがうかぶ井の頭公園)

実家にいる弟のダイエットも順調のようで、
一切の「酒抜き、ご飯などの炭水化物抜き」のメニューで
5キロ体重を落としたと、天ぷらを食べながら母から聞きました。
体育会のフェンシング部にいた彼のことだから、リーマン体型を
元に戻すために必要な精神力は、十分だろう。
軟弱なダイエットじゃないところが、男として尊敬しますね。

体の変化は、精神の変化よりも、
わかりやすく、正直で裏切らないですから。


さて、食べ物全般のこだわりについて書いてみました。

うるさいぐらいに「食に偏った人間」と毎週一緒にいるので、
食べ物について考えることが多くなったのかなと思ったのですが
実家でよく話すことも、食にまつわることが多いことに気がつきました。

四ツ谷の「のらや」といううどん屋で、
考えたことはこんなことでした。


■美食?いやみ?偏屈?

一人で暮らすようになって、
ゲストを招いて飲み食いをすると、酒も出す。

で、思うところ。

この人は、酔うために酒を飲んでいるのかな、と。

ボトルを自分のとなりにキープして、
だばだばグラスに注いで、がぶがぶ飲んでいる姿を見ていると、
酒へのこだわりが人によって違うことがわかる。

F1010012.jpg
(グレンリベット18年)

その場で、お前その酒、高いんだぞ!

とは、言いません。

せっかく来てくれたし、ゲストだからね。

飲み方を指南してウンチクを語るのは、好きじゃない。

場の雰囲気を壊すからね。

何かを語りだそうという瞬間で、野暮なことをしたくない。

それなら、外で飲めばよいのだからさ。

あくまでも、ゲストだから・・・

でも、口に運ぶものへの愛着というか、
興味がないのもつまらないと思うんだよね。

酒に限らず、美味しいものを選ぶのも、
どうせ毎日口にするもの、食べなきゃ生きていけないんだから、
ちょっと大事にしてみよう、と。

20061024224035.jpg
(ほくほくして美味しい旬のむかご)

本を読まない人生が、貧しい人生だと
一般的に思われるのと同じように、
食にこだわらない人生も貧しいのだと思う。

美味しいものを、同じフィーリングで、
「あれって、おいしいかったよね」「これ、おいしいね」
と、たがいに顔をほころばせる瞬間は、
映画や本をとおして、人との距離を縮めるのとおなじなのだ。

一流のバーテンが、ここぞというときに、
ベストな組み合わせのカクテルやモルトを選ぶように、
過去に体験した美味しい店や贈り物を、
その人に合わせて選べるかどうか。

他者を知るために、服装や趣味だけでなく
一緒に食べたものへのお互いの共感もまた、
人への愛情への入り口なんだ。

大げさにいってしまえば、

「人の飲食のあり方は、人の生き方そのものだ。」

世界中を旅していても、
1つとして同じ食べ物はないし、食べ方もない。

同じ日本人でも、同じ家族でも、すべてまったく同じに
食事をするわけではなく、一人ひとりが個性的だ。

たぐいまれな出逢いの中で、
「あれって美味しいよね!」と
深いところで共感できる人と理解しあうその瞬間。

それはきっと、人生の喜びの一つだろう。

これから寒くはなるけれど、食べ物が美味しくなる季節。

うまい食事で、酒も旨くなる。

あなたとその瞬間を分かち合いたいと思う。

老舗の味 てん茂 

母の誕生日に、日本橋の天ぷら屋「てん茂(も)」
に両親を招待してみた。
(写真を撮る雰囲気でないため、映像の少なさはご勘弁)

  *  *  *  *  *

古い家屋の梁がかかった、高い天井が特徴の入り口からの眺め。
10人も座れば、いっぱいになってしまうカウンターで、
蝶ネクタイをしたご主人が、丁寧に材料を揚げてくれる。
このお店は、ごま油が特徴で、
香ばしい揚げ方がこの店の得意なところかも。

■食材の種類
エビ、どんこ、パセリ、マツタケ、タマネギ、シイタケ、
しし唐、栗の渋皮、柿の皮、銀杏、イカ、湯葉。

特筆すべきは、パセリと柿の皮の天ぷら。
 2つの食材ともに、珍しい天ぷらのネタ。
 ふつう天ぷらにしない、この2つの食材。

 この難しい食材を、
 こげずにきれいに甘く揚げてくれる。
 特に柿の皮は、絶妙。
 ほっこり、ふっくら、お塩でいただくのだけど、
 甘さが口の中に広がってお菓子のような感覚。
F1010015.jpg
(くりを半分に切って、中までほこほこに
あがっております。)

■材料の新鮮さ、確かさ
 マツタケが美味しいのは当たり前だ。
 なぜなら、国産のマツタケの4分の1を大胆に
 使って出してくれるから。
 香りの強さがすごかった。食感も。

 くわえて、しし唐やタマネギやシイタケの材料のジューシーさ。
 具そのものの美味しいさといったら、
 その辺のスーパーの味とぜんぜん違う。
 聞けば、全国各地の美味しいところから、
 食材を調達しているとのこと。

■企画の趣旨
美味しいものを食べる機会の多い仕事人と違って、
家庭にいる母に外でうまいものを食って欲しかった。

それから、料理の仕方とか食材とか、母が興味を示すであろう事柄に
お店の人がちゃんと答えることができるカウンターで食べて欲しかった。
(ゴンパチとかに行ったことがあったけれど、店員の食材や料理法に
対する知識がなくで話が滞るのが残念だったことを受けて)

実家に帰ると天ぷらとか揚げ物も、よくしてくれるので、
たまには、お店で食べて楽をして欲しかった。

■こちらの思惑
フレンチやイタリアンよりも、
寿司や、天ぷらの「老舗」のほうが敷居が高くて、
僕のような若造が、とても入りにくい。
なので、親父と母親を盾に老舗の天ぷら屋を経験したかった。
(大人力の向上のために)

  *   *   *   *   *
結果、両親とご主人とも話が合い、店の由来から、
ひいきにしてもらっている歌舞伎役者の話まで、
本当にいろんな話ができ、ゆっくりと時間を楽しむことができた。

この店にあるお座敷の表具されているそれぞれは必見。
由来もひとかたならぬものがあり、ぜひご主人にお話しを聞くといい。

ちなみに、次の跡取りは、僕と同じ中学校出身の先輩。
日本橋の学校に通っていると思わぬつながりがある。

料理も交流も成功して
この店を辞し、良い店だった大満足。

会社ってさ。 

雑誌が終わってひと段落。
秋葉原で飲んでみました。しゃらっと1升瓶空けてしまう4人組。
ま、飲みやすければ当たり前ですかね。

ついでに、もう一本。
体の尿酸値が上がったのが、はっきりわかりました。

たしかに、カチッと音がしました。ええ、。

味のレビューは、飲みやすいか、辛いかしかできないので、
割愛しますねん。おすすめです。
20061020010925




ある転機を迎えた人で以前に私が
「チャレンジングな転職ですね!」と言った人の近況。

    *   *    *
最近、何となくサラリーマン意識が出てきてしまい、
「雇用してもらっている」
という守りの意識が芽生えてしまっていた。
そうではないのである。
あくまでも会社とは、対等な立場での契約なのだ。
結果を出してあげるために移籍してあげたのだと
アラタメテ割り切ることにした。
かつ、自分では絶対に借りられない仕事場をいただいて、
仕事をしているのだと。
そう考えるとなんだか力が沸いてきた。
    *   *    *

トラバを張るには、おこがましいので、
ひそかに引用させてもらいます。

来月、ご本人にお会いできるのですごく楽しみです。


会社ってさ。

「場」なんだよね。安住の地ではなくてさ。

だからさ、上の人におもねって仕事をしているようでは、
本当にいい仕事はしていないんだな。

40を超えて、あの意識で働ける彼はすごいと思うし、
30を前にして、その意識を失いつつある僕は、
どうしてだろうと思ってしまうのです。

そういうブログをよむと、
「おーけー、おーけ、やったるでー」と、気合が入る。

会社とは、一人で働くよりも効率的な場である。
一人でできないことが、会社という「てこ」を使うことで、
大きなことができる。

会社は、ただ一人の意見に従い、目標だけを目指すよりも、
個々人が、正しいと思う会社の行くべき姿をぶつけ合って、
結果的にできあがる理想追求の社会でもある。

小難しく会社とは?
ということを学生時代に考え、本も読んだけれど、
今たどりついた答えは、ここに落ち着いたのでした。

来月の編集会議、ぶち上げてみます。

酒の買出し 

先日、会った友人から。
「なんでブログペットを見えるように配置しないの?」

「えっ、そんなことできるの?」

「動くようにできるに決まってるじゃん。」

「いや、やってみようと思ったんだけど、
ブログにフレームが壊れてうまくできなくってさ。」

「なんじゃそれ!」

そんなことがあったので、
ブログペット君の存在は大きいのですが、
諸事情により、できません。
彼の様子をうかがいたい場合は、ペットのページまで飛んでいってください。。

ご足労をおかけしますが、よろしくお願いします。


■酒の買出し

今日は、買出しの日と位置づけ、いろんなものを買いました。

高島屋さんで、ネクタイを買い、シャツを見て、
ユナイテッド・アローズで、久しぶりにGパンを買いました。
その前にプールで気合で1キロを泳いでいるので、食欲もありまくり。

秋めいてきたので、やっと食欲の季節。
そして、長い夜を過ごすための、お酒もね。

棚がさびしくなっていたので、買わずにはおられません。

ちなみに、アマレットをのみながら、
スタバのコーヒーをすすって、このブログを更新中。
この組み合わせ、くせになります。

さてさて、
目白の田中屋さんが近いので、そこでモルトを入手。

ボウモア8年と、カリラ12年


ボウモアは、若さを重視してみました。
オフィシャルは、今までずっと3本続けていたので、
たまには、変り種を!!8年もののボウモアです。

カリラ12年。
このパフォーマンスで、この価格は、ないと思う。
アイラの要素をすべて含んでいて、
しっとりと落ち着いた味。
アードベックではなく、ラフロイグでもないときに、
威力を発揮するお酒。開栓するのがたのしみ~。

ディアローノとクライヌリッシュ
PICT0207.jpg

知っているお酒だけじゃ、面白くないもんねー。
よって、アマレットのディアローノをチョイス。
本当は、ラムが良かったのですが、ロンサカパがなかったので。。。
今、コーヒーと一緒に飲んでいますが、食後酒にぴったし。
ケーキを食べない僕にとっては、そのかわりに十分になります。

やっと買った。クライヌリッシュ。
この味が忘れられずに、だいたいバーで頼む酒だった。
いつも外でしか飲んでいなかったのが、
我が家に来た。ついに来た。
これで、飲み代が減るでしょう。

番外編 安ワイン2本とオリーブオイル
PICT0208.jpg

白ワインは、ビールでも、焼酎でもない、赤ワインも重いなぁ・・・
そういうときに、食中に飲むのに最適な飲み物。

よくあるのは、料理の本を見ていて、
作りたいレシピに、「白ワイン50cc」と書いてあるケース。
そんなとき「我が家にないから、(その料理を)作れないじゃん」って、思うけど
1000円くらいのワインなら、買いだめをしておいても
別にいいのじゃないかと。こんど、白ワイン多めの
トリのトマトソース煮をつくってイタリアンディナーに
したいとおもいます。

残っても、次の日に、ビールの代わりに飲めばよいのだから。

写真の中で、ワインの銘柄を左から

 シャトーデュラゴン(白)
 ボルドーの赤ワイン
 GALLOのオリープオイル

というわけで、
すべて、高島屋のセール対象品。

オリーブオイルは、安かったので買っておきました。
エクストラヴァージンのものです。
カルパッチョにするときに、かけるとうまいです。

新宿の高島屋さんも改装するとのことです。
今年の2月ぐらいに、新宿のデパートの競争について
書いていたけれど、たいへんなのでしょう。

おかげで、よい買い物ができたのでした。
ビン類だけでも、7本も持って帰ってきたので、大変、重かったのでした。

やまぎが(BlogPet) 

やまぎが

今僕ができることは、小さなきのうの世界から、
巡り巡ってどこかの国を助けていると信じることだ。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「アイラ君」が書きました。

きのう(BlogPet) 

きのう、やまぎと宣言すればよかった?
さてきょうやまぎで、成長しなかったー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「アイラ君」が書きました。

いつかの自分のために 

登りたいと思います。

昇りたいと思います。



そう思うので、自分のために宣言。。。


■いつかの自分のために

「チャレンジングな転職ですね!」

この言葉がどっかに引っかかっていて、発してから1週間後のさっき
熱すぎるシャワーを浴びているときに、気がついた。

40歳を過ぎて有名な企業の部長の肩書きを
捨てて、小さな企業の現場で働くという決断を
きいたときの自分の思わず出たセリフ。

あれ?

そういう反応が一番嫌いじゃなかったっけ。

まいったな、
いつの間にか自分の立ち位置を間違えていたみたいだ。

テレビで池谷(弟)32歳が跳び箱をがんばっていた。
年とともに衰える筋力の中で30代の
過ごし方、長さを思って、守っているのは自分のほうだった。

のっぴきならないぐらい人生でやりたいこと、
やりたい生活のスタイル。それができるかどうか。

確からしい方向性がぼんやり見えてきている。


今日の、上司との面談で過去の1年の自分の働きや成長を
確認することができた。

校正力、構成力、論理力、デザインセンス、
文章力、観察力、感受性、などなどその他。

一人前になるのに、かかる時間への疑問。

編集業のスキルアップが、

「読んだ本の絶対量がまずある」

という上司の言葉が重すぎた。。。


いろんな方面で、成長したい。

周りから「チャレンジングな決断ですね」
そう言われたい。


魂の行方を、しっかと見張っておかないと、
年を重ねて失われていく何かがあるらしい。

間違いなく失われるなにか。

絶対に10年たっても、あの部長と同じ目をしていてやる。


さてさて、また生き急ぐことにしますか。

こうはしておられません。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。