スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想:「沖で待つ」 

久しぶりに文学作品を読んでみました。

おにぎりの前日、飲みすぎた日本酒の中には、
福井の「早瀬浦」というお酒がありました。
これ、辛口ですっきり、甘さなし。お勧めです。

基本的に雑食で、どちらかというと賞味期限よりも、
自分の舌を信じろと、育てられてきました。

このブログもとりとめなくすすみます。
たまには、感想文などは、いかがですかい?




「沖で待つ」  文芸春秋 952円



絲山秋子氏の芥川賞受賞作品。

「男と女に友情を描くのがうまい。」

そんな日経新聞の書評をみて、読んでみた。

ボクが過去に書いた「親友までの距離」で、
友達への友情を書いたつもりが、

「本当は、好きなんでしょう?」

と、人から言われたことがきっかけで手にする。

なかなか難しい男と女の友情の距離感ってやつを、
どういう文章にしているのかを知りたかったんだ。

同じぐらいドライに書いたつもりだけど、
そうは見えないのかな。(筆力の違いはあるけど)

男と女に友情があるという場合、
恋愛に発展するかどうかの見極めが互いにあって、
そうでない場合は、友情になる。

相手も相応に大人で、
距離感がわかっていることが最低条件だろう。

この作品は、シンプルで登場人物の個性もあって、
ラストまで、安心して読める作品。
ラストは、ラストでごちゃごちゃしてるけど。


本作品は、職場での人間関係や同期のつながり
を仕事を通して描いている。

職場では、ほとんど、泥臭く、みっともなく、
汗にまみれ、情けない。

親しい人には見せたくない場面が多々ある。

でも、同期の場合、
その体験の共有が、親しさにつながる。

一緒に仕事をしないと、人は見えてこないと思う。

舞台は日本企業で営業職を経験した人なら、
どこか思い当たるふしがあるだろう。

社会人になって、最初に働いた支店、場所、土地への思い入れ。

そこで育ててもらったという自負。

同期はばらばらで全国に散らばり、
たまに機会を作って飲むという状態。
なぜか、飲むだけで安心してしまう。

転勤は日常茶飯事。

結婚は、おなじ職場で出会った人で、
なんだかんだいっても、結婚までしている。

仕事のサボり方、息抜きの仕方とか・・・

営業という一線にいるからこそ、
共有できる風景がある。

そんな雰囲気の会社から離れてしまったので、
懐かしく、読んだのでした。

「すべての働く人にーーー」

という帯がかけられているけれど、
よいコピーだと思う。

とくに、女性のほうが読みやすいかな。

表題作ではなく、36歳でお見合いのエピソードを題材に
元総合職の心を描く、「勤労感謝の日」もなかなか。

こういう風景、僕は好きです。
スポンサーサイト

「手塩にかける」の意味 

うまいものは、自家製に限る。

外で食べた話ばかり書いていますが、
自分で作ったほうが安全でバランスがとれると思います。

おにぎりを自分で作ったことから、思ったことを書いてみました。


山に行く日は、朝が早い。

5時にはおきて、準備を始める。
その日は、山に登るにもかかわらず、
前日は、飲みすぎたから朝ごはんは食べられない。
食べなきゃいけないのだけど、
コンビニの油の匂いだけでも吐きそうだ。
だからといって、食べないわけにはいかない

そこで、おにぎりをにぎろうと思いつく。


さっそく前日に残ったご飯を温め、
梅干を一つご飯の真ん中へ。

ご飯を持つ前に、そうだ、塩をつけるんだったな。
あら塩をざっと手にして、ご飯をにぎる。
熱いから相当な我慢が必要で、おまけに、
形をうまく作るのもやってみると難しい。

ラップをまく前に、用意していたのりを
ちょうどよい大きさに切って、ご飯の周りに巻く。
ほこほこのご飯のかおりと
塩と海苔の香ばしさが、台所を満たす。

これ、小さいころの遠足に行く前の
あのわくわくする匂いと同じ。

母親は、そんな日の朝は、
早く起きてご飯を炊き、おにぎりをにぎってくれたっけ。

塩を手にして、ざっとご飯をにぎる瞬間。

これが、まさに
「手塩にかける」=おにぎりをつくる?
とおもった理由です。

小さいころから、
釣りに行ったり、山に行ったり、スキーに行ったり。

そのたびに、母親は
「いいから持ってきなさい!」

僕ら兄弟は、外で食べたかったりしたけれど、
自家製の味は、決して買うことでは得られないということが
ようやくわかった。

コンビニのおにぎりの限界は、手塩にかけて
作られたものではないところにある。

コンビニ弁当は、大学生からでいい。

ボクにも、子どもができたら、朝早く起きて
おにぎりを持たせてあげたいものだ。
人は、愛情を受けていなければ、それ以上のものを
子どもに与えることはできないような気がするから。
だから、できるかぎり
自分が受けた分だけ子どもに返してやりたい。

なんだか、殊勝な結論ですいません。

一人暮らしをはじめて、
自分でやってわかることが結構多い。


ちなみに、「語源由来事典」によれば、

■手塩にかける
→手塩にかけるとは、自分で直接世話をして大切に育てること。
 手塩にかけるの「手塩」とは、食膳に添えられた少量の塩のこと。
 手塩は、味加減を自分で調えるように置かれていたため、
 自ら面倒を見ることを「手塩に掛ける」と言うようになった。
 室町時代から「手塩」の語は見られ、
 元は膳の不浄を払うために小皿に盛って添えたものであった。
 「手塩に掛ける」は、江戸時代から使われた例が見られる。


なのだそうで、
おにぎりをにぎるときに手に塩をつける
ところからきたわけではではないのである。

ちょっと、残念(^0^)

ほっこり、ふっくら、また作ろう・・・

再び、チョコレート談義。 

昨日は、ホワイトデーでしたね。
いかがお過ごしだったでしょうか?

そんなこんなで、美味しいチョコレートを2種類ご紹介します。

当分チョコレートを贈る機会はないですが、
美味しければ時期など関係ないと思うのです。
トリュフを1つオーダーしてその場で食べて帰る
野郎が一人ばかり日本にいてもいいと思うのです。

辛い酒ばかりなので、たまには甘く書いてみました。



映画「アマデウス」のなかで、モールァルトだったか
貴族たちが談笑しながら、
トリュフをパクつくシーンがあったと思います。

たぶん。

あの山盛りのトリュフのシーン思い出すだけで
よだれが出てしまいます。

チョコレート好きです。苦いやつを。

なにげにカフェイン中毒なのかしらん。

ホワイトデーにかこつけて、
バレンタインのお返しをしつつも
ボクもPierre Marcolini(ピエールマルコリーニ)
を買ってみたり。

トリュフを食べましたが、
口解けからビターの感じが絶妙。
20060315214025.jpg

あっという間に、のどの奥に吸い込まれていくから、
もったいないというまもなく、次を欲しています。

悪魔的な魅惑の味。

この味がすきなんだなと・・・

日本酒とおでんのご飯を新宿での夕食に選びながらも、
20060315214031.jpg
コーヒーを淹れてチョコを食べているという状況をかんがみるに、
要するにカフェイン中毒なんだということが、よくわかるのです。

ジャン=ポール・エヴァンにも、
行列ができていたけれど、ピエールも負けてはいないはず。

先月、もらったROYCE'の生チョコレート
山崎シェリーウッドも美味しかったです。
20060315214329.jpg

生ゆえ、クリームの口当たりのよさとウィスキーが
ちょっと香るこの味にめろめろでした。

圧倒的な幸福感につつまれながら、
至福の味とともに、夜が更けていく・・・

量はいりません。

残りは、明日の生きがいのためにとっておくことにします。

究極のチョコレート、ここにあり。

甘いデザートよりもビターなスイーツにくびったけです。

ぜひ、殿方もお試しください。
女性のものだけにしておくのは、もったいないと思うのです。

片腕のスイマー 

暖かくなってきましたね!
冬がいってしまうことが、さびしいこのごろです。

たまに行くプールで見かけた風景を、切り取ってみました。



いつものプール。

裸だから、体が違っているとよくわかる。

手があることに慣れている人の目には、
ぎょっとするものがある。

その人には、片腕が肩からなかった。

準備運動をし、
ガラスに映る筋肉のバランスを確認している。

浅黒く焼けた肌に、筋肉が覆っている。

なかなかどうして、泳ぎもすごい。

おそい健常者なら、簡単に追いつかれる。

片腕で、バランスをとってまっすぐ泳ぐだけでも、
大変な労力だろうと思う。

なんで片腕を失ったのだろう。
不便じゃないのかな・・・健常者の邪推を
ものともせずに、泳いでいる。

泳いでいる限りは、彼が片腕を失っていることに、
誰も気がつかない。

視線にさらされることに、耐え、
高みを目指して泳ぐ姿に目を奪われた。


そのキャップには、「不撓不屈」の文字があった。

CINZANO再考 

味のイメージを決めてしまっている
お酒ってありません?

ボクの中では、チンザノ ベルモットがそれ。

CINZANO EXTRA DRY



バーに行けば、必ずおいてあるけれど、
飲むときにはマティーニか、他の
カクテルとして飲むのが一般的な酒。

気分的には、モルトではない。
かといって、ビールでもない。
ワインを飲むほど、つまみも欲しくない。

でも、ちょっとアルコールがほしい。

仕事で高ぶった神経をなだめるために。

というわけで、
キンキンに冷えたやつをストレートで飲んでみた。

ブドウ酒にとうが立ったような香り、
上品な紹興酒といった独特の味。

うまいじゃん。

ジンやウォッカと混ぜて飲まねばなーと
思っていただけに、単純な驚き。

たまには、CINZANOという選択はいかが?

アルコール度18度が心地よかったりしますよ。

LOS VASCOS(ロスヴァスコス) 

家での飲み話を書いてみます。

外で一人でご飯を食べるよりも、どちらかというと、
家で一人でご飯を食べるほうが落ち着きます。

ボクの小さなこだわりが、
エンゲル係数を確実にあげております。
でも、外で食べるよりは安いです。たぶん。



前回、本格的なイタリアンの話を書いたばかりに、
ワインが飲みたくてしょうがなかったので、
夕食をイタリアンにしました。

といっても、パスタにしただけですが。

で、ワインはチリのワイン。

LOS VASCOS



フランスの有名なシャトー・ラフィット・ロートシルト
のオーナーであるロスチャイルド家がチリで製造。

作り手のこだわりと、樽の品質によって、話題性があるワイン。
ニューワールドに、ワイン本場の重鎮の手腕が試される。

そんな構図でしょうか。

値段は、1400円(近くのスーパーの価格)
 
 2004年もの。
 卸しているのは、サントリーなので比較的
 手に入りやすい銘柄。

このチャートで見て分かるとおり、辛め、渋めのワイン。
20060302143807.gif

カヴェルネ好きにはたまらない、どっしりとした重さがいい。
値段も含めて、このパフォーマンスなら納得です。

カマンベールチーズも購入し、
ワインを三分の一程度を飲んだ夜でした。
あんまり飲めないものです。

ぜひ、飲んでみてください。

エノテーカ ピンキオーリでの幸せな夜。 

10年前の欧州旅行をふと思い出して、
先日行ったリストランテのご紹介をします。
料理の写真はありませんが、メニューはそのまま掲載しました。
旅とリストランテを混ぜた文章で実用性はありません。

お時間があるときにお読みください。




学生時代にパリに住んでいたことがある。
住んでいたといっても、2週間程度の話だけれど。
「一人で住んでいる」と思ったのは初めてのこと。

夏休みの3か月にわたる欧州パックパック旅行の最終地。

そこが、フランスのパリだった。

日本への帰国のチケットが、あいにく満席であり、
ボクの学割チケットでは、席が取れず時間が必要だったのだ。

日本では、もう学校が始まっていた。
それでも、パリに住んでいるという優越感も手伝って、
後期の履修登録を友達に任せ、のんびり過ごしていた。

長い旅の間に覚えたタバコをパリでは、
ゴロワーズに替えてパリの気分を満喫していた。

住んでいた場所は、パリの北駅から近いモンマルトルのそば。
そう書けば、イメージはよいけれど、
実際は、周りはアフリカからの移民だらけで、
パリジャンの姿はほとんど見ることのできないエリア。

旅先で知り合った人から教えてもらって
幸運にも短期のアパルトマンに格安で泊まれたのだ。

食事はつかないけれど、キッチンはきれいで、
調味料から調理器具、家具もそろっている。

近くの総菜屋でおかずを買って、フランスパンに
ワインという夕食はことのほか美味しかった。

主食のパン、クロワッサンやコーヒーがうまい。
今まで訪問してきた国に比べて、
なんでこんなに美味しく作れるのだろう
と不思議に思ったぐらいだ。
欧州を旅すれば、地域や国の食生活の差を実感するはずだ。

都市としても、パリは見るものがいっぱいあった。
ルーブルオルセーピカソの美術館めぐり、
カフェで本を読み、古本市でポストカードを買ったり、
ブランド物の店を冷やかしてみたり。
エッフェル塔に登り、シャンゼリゼ通りを歩く。

道行く日本人が3泊程度で帰国する中で、
滞在期間に恵まれていたと思う。
2週間、おのぼりさんを満喫していた。

第二外国語のフランス語を駆使して、
会話できたことも、楽しさを倍増させた。

残念だったのは、
本格的なフランス料理を堪能できなかったこと。

貧乏なバックパッカーには、連れもいないから、
レストランに入ることだけはできなかった。

それ以前にお金もなかったし、ドレスコードを守れるほどの
身だしなみを整えることすらできなかった。

レストランの前で、メニューを眺めながら、
ここは敷居が高いとおもい、入るのをためらったのは、
一店だけではない。

一人でレストランに入り、食事を食べることは
バックパッカーには拷問に近い。周りのカップルが
「あの人は、何を食べているのかね?」
とネタにされるのが、いいところだ。



それから、10年がたって、フランス料理ではないけれど、
日本で、最高のイタリアンのリストランテに行く機会に恵まれた。

ここまで、格式の高いレストランに踏み込むのは初めてだ。

エノテーカ ピンキオーリ

フィレンツェでも予約をしなければ入れないという名店。

そこで頼んだコースメニューがこれ。

■注文したワインVOSNE ROMANEE 1er CRU
         Aux Brulees 2000
■メニュー カプリッチョ

○ドライポルチーニ茸の衣を纏った車海老 ポルチーニ茸のパッサートと共に
○帆立貝 自家製豚バラ肉の塩漬けのロティとアスパラガスと共に
アラブ風ひもの煮込みを添えて
○まながつお ヴァニラが香るウイキョウと魚のスープ仕立てのソースと共に
○仔牛腎臓のミトネと黒キャベツのソテー バルサミコビネガーのソースとジンジャーの香りを添えて
○黒トリュフで和えたタリオリーニ タレッジョチーズのフォンデュ
○アイスランド産仔羊背肉 タイムと共にロースト
白隠元豆の煮込みグラタン 黒オリーブとケッパーのソースと共に
○洋梨をレモングラスの香りと共にコンポートに、ココナッツミルクのゼリーとヴァニラのジェラート
○ワゴンチーズよりお好みで
○小菓子、コーヒー



イベリコ豚のソテーを食べたのは初めて。

ウイキョウを食べたのは初めて。

トリュフがあれだけいっぱいかかっているパスタを
食べたものも初めて。

チーズも、
 イチジクの葉で包んだヤギの乳のチーズ
 メルローで漬けたチーズ
 トマトジュースで漬けたチーズ
 (今まで食べたことがないものをオーダー)

デザートに、
 生で食べるのが一番だと思っていた
 ラ・フランスをコンポートを食べたのは初めて。

ワインは、ピノ・ノワール
 ピノなのにカベルネなみの深みがあった。
 ワイン畑のグレードを示す1er CRU(プルミエ・クリュ)
 を飲んだのは初めて。
 
ワインリストが、
 電話帳のように厚く、
 値段も天井知らずの幅の広さ。
 ワイン選びには、ソムリエさんに助けられた。

料理は皿が同じタイミングで給仕され、
すっとフォークとナイフを並べてくれる。

これだけではないが、全体的に
行き届いたサービスに感激。

圧巻なのは、テーブルに着くまでに
ワインが並ぶガラスケースの前を歩くところ。
ビンテージワインがごろごろと並ぶあの通路は、
一見の価値があると思う。

若い旅人にはできなかった小さな憧れが、
この年になってできるようになっている。

20代後半の年を重ねてきた最近は、
若さを失うようで、どこか哀しさを伴ったけれど、
こんな経験を増やせるなら、むしろ悪くない。

若いころできたことを哀しく憂うよりも、
年を重ねることで味わいが増えることもある。

凛とした、かっこいいオヤジになれますように・・・

ご馳走様。。


ぜひ、記念日に大事な人と行ってみては
とお勧めします。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。