スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ホテルの電話予約法 

もう残り1週間。3人で旅をするのに、どこの宿も決まっていない。

しかも、アイラ島。人口約4000人の町で、ネオンサイン輝くホテル街は、
到底想像できない。

僕の個人的なバックパック史上でも初めて、海外から予約をしてみました。

メールで問い合わせるも、「おそい!!」

もう待ちきれないんで、直電!!!

FAXもつながらないので、口語で伝えることにしました。


久しぶりに、海外に電話。今は変わっていました。

001-010-44(英国国番号)-(0)とる-市外局番-個別電話

001だけではなく、010が新たに加わっているので注意。
それでも、FAXはつながらなかった。アイラにはFAXはいかないのだろうか・・・なぞである。



で、アイラ島の宿。

僕らの希望は、宿も色々とピンからキリまで体験したい。
だから、3泊とも違う宿。

一泊目は、THE HARBOUR INN HOTELHarbour.jpg


一泊100ポンド(20000円)

ここは、ほんとに高級感あふれ、旅の疲れを癒せそうです。
トリプルルームを確保。でも、たかーーーーーい。そういいつつ、
「スコットランド指折りのシャムロック4つホテル」が楽しみ!!


で、二泊目。ここはボウモアホテルが取れなかったため、
同じレベルの
The Lochside Hotel をチョイス。Lochside.jpg


一泊40ポンド(12000円)。
相場としては、この島の普通のホテルの値段。
ちなみに、このバーは以前には、400種類のモルトがおいてあったとか…
よだれが出そうです。

で、最後の夜。ここでは、ボウモアの町を離れ、ラフロイグやラガヴーリンに
抱かれて寝たいと思い、南のポートエレンに宿を探す。

その名もThe Trout Fly Guest HouseGuest House。
画像、HPなし。一泊23ポンド(4600円)

でも家族経営で、話した感じは人が良さそうでした。


■どうやって電話したか?

日本時間では、夜の9時ぐらいから彼の地へ電話。
向こうは昼前ぐらいか・・・

I just a making a reservation.
Which date?
September 10. We need a one single room, and a twin room.
Do you have?
Ok. So I'll tell you a Credit Card Number.
Ok I'll repeat my name and arrival date.
Is that OK? YES.

再現をすると、こんなもん。英語は、こんなにも簡単。
海外でもよく空港や駅やってたことを、日本でやるだけ。

国際電話の音声はよく、全くストレスなし。でも、英国の英語は、米語と違うのである。
そのストレスはある。
(一度間違い電話をして、話をしてみたが、英語なのにドイツ語みたいに聞こえたのは内緒である。)


コツは、最初にI'm calling from Japan.っていっておくことで、
何度でも英語をリピートしてくれるので最初から
しゃべれるふうを気取らないといいかもしれない。。

ボウモアホテルでは、結局は希望の日がフルだったのですが、
電話をかけて、「何でメールに返事しないのか」って聞くと、
「その日は、どうせフルだから、メールしなかったよ」
っていう答えでした。
ま、でも、返事ぐらいは欲しいよなぁ。

同じレベルのホテルということで、ロッホサイドを
ボウモアホテルから紹介してもらったのでした。


ちなみに、レンタカーは、こんな英語で切り抜けました。
We are going to arrive at 8:45 September 12th at Islay Airport ,and We will return your car at September 15th early morning.
Our group is 3persons. Please prepare a four person saloon car.
Could you confirm our reservation. And show us a total expenses.

そうすると、一日で29ポンド(6000円)。
国際免許書(international Licence card)を持っているか?
ここが大事だけど、25歳以上かどうか?
これを聞かれます。これとクレジットカード番号でOK。
すべて、電話でできます。

紙で確認したいところだけど、この際はしょうがない。
グラスゴーに着いたら、再度確認はしておきたい。


でだ、問題はグラスゴーの宿。これが大苦戦。

なかなか三人で泊まれない。シングルに分けるとまた、すごい高い。
なので、色々検索してみました。

最初にお世話になったのが、オクトパストラベルここがすごいのは、
すべて、日本語で海外ホテルの予約を仲介してくれるところ。

ここでも、らちが明かずしまいには、直電。

部屋ある?の質問に、
「三人泊まれるファミリーは5部屋しかない。だから、無理。」
とのお答え。

QUALITY CENTRAL, Glasgow

良さそうだったのですが、シングルは70ポンドもするのでやめ。

20050904213442.jpg


で、このあと、僕はヤフーのイギリスのサイトの放浪の旅に出たのでした。

彼らは、世界の共通語英語でサイトの運営をしてくれているので、
僕でも丁度いいのを見つけることに成功。
その名も、 Britain Express !!
ここは、宿がオクトパス以上に低価格帯からあることと、
泊まった人の感想がレーティングされていること。

日本でいったら、じゃらんとか一休.comとか、そんなものでしょうか?

僕のように、倹約を目指すとすると値段が下がる分だけ、
サービスの悪さが気になるところ。
それを、ユーザーのコメントが助けてくれ、ここはいいよ!とか
値段割りにいい!とか、そんな感想が参考になる。
さらに、このサイトは、レスポンスも早かったので、とっても便利。

ホステルもいいけど、いい加減社会人だしちょっと…
というのであれば、このサイトはオススメです。

ちなみに、英語は僕も自信がありませんが、先生は、
ALL ABOUT JAPAN
このリンクのページが、普段あまり英語に接しない人にとっては便利でした。

というわけで、グラスゴーの宿は、ここ。
glasgow.jpg

吉とでるか、凶とでるか。一泊32ポンド(6400円)

行ってみるしかありません。
そんなに悪くないと思うけど、エレベーターなし。たぶん。


以上、なんだかんだで宿も手配がついたのでした。

色々と勉強になる予約体験。

この日アイラ島に電話をかけまくり、ジャパニーズイングリッシュの
嵐にアイラ島を陥れた夜でした(笑)

実際に声を聞いたこともあり、旅へもうすでに出発した気分。

早く、出発するぞーーー。
スポンサーサイト

セルティックの中村君 

グラスゴーに9月10日に着きます。

その日、セルティックの試合があるようです。

チケットとかはホテルで聞いてみます。
可能であれば、見てみたい。本場のサッカーの雰囲気を。

http://www.kitbag.com/stores/celtic/default.aspx?portal=celtic

ここに行けば、中村君の歓迎されっぷりがわかります。

カタカナのTシャツ。ちょっとダサい。
セル


カタカナは、海外ではかっこいいのだろうか?

聞いてみたい(笑)


調べてみても、それ以降の試合は
19日の週になるようです。


残念(ーー;)

スコットランドに土地を持つ! 

アイラ島にいくのです。

いくのですっ。


で、下調べ。その過程で発見しました。

アイラ島に自分の土地を持てる方法を!!!


ほんのちょっとですが・・・・

生きている間だけです。

さらに、ホームページ上の航空写真から選びたい放題。

Each plot has been entered into a special database with co-ordinates.

The red arrow marks the exact spot of your land!
(この赤い矢印のところが、まさに貴方の土地です!!)

わーーーい。

というわけで、

「スコットランドに土地を所有しました!」
それはお前言いすぎだぞって。

でも、そうじゃないって書いてあります。

言い過ぎじゃありませんぜ。


If you so wish to call yourself a Laird by all means go ahead! According to some definitions of the word, a laird is purely a Scottish landholder. So according to this definition I would say you are entitled to call yourself this.
Unfortunately we can't officially give you this title. According to other definitions you must be a land-OWNER (Laphroaig plots are a lifetime's lease).

(僕の都合のいい訳:もし土地所有者って呼びたきゃ呼びな!

んなかんじです。

そう、ここにある通り、これはアイラモルト中の銘酒

ラフロイグのHPからいける、Friend of Laphroaigのサイトなのでした。

このFOLは、国別に友達探し、チャット、交流会、
チャリティーオークション、蒸留所ニュースなどなど、
これほど飲む側に楽しいHPは見たことがないくらいの作りになってます。

さっき登録しましたが、すぐさまウェルカムメールが来て、
ラフロイグを愛する人々との対話をすごく大事にしています。

そう、というわけで

「スコットランドに土地を持つ方法の一つは、
ラフロイグのサイトから登録する」
でした。

なぜか、世界不思議発見!!!

ま、ゆるせ。浮かれていますので。

ちなみに登録には、ラフロイグの購入バーコードが必要です。

ぜひこれを機会に、お試しあれ!!



700円でミニボトルもありますから・・・
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。