スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与えられる人たち 

20070925081101
更新しない理由が、山だったとはいえません。

昨日まで北アルプスの山の中で、今バス停にいます。
昨日は、朝六時から出発して、下山したのが夕方の六時という長いものでした。本当なら東京に昨日戻りたいと思っていたのですが、バスも行ってしまったあとでは、泊まるしかありません。
もう足が棒、くたくたで最後のキャンプ地を目指します。途中、あまりの疲労で立ち止まりつつ暗くなる車道を行きます。
たまーに通る車も止まるわけもなくかっこいいハリヤーとかが僕を追い抜いていきます。

もう今晩のキャンプはやめようと、宿の扉を叩くも反応なし。やっぱり、キャンプか・・・

意を決して、力強く歩くも疲労した体は思うように動きません。本当に暗くなったので、ライトをだそうと思ったところで、

「どこまで、いかはりますか?」

声の主は助手席に乗った奥さん。

「ちょっと先のキャンプ場まで」
僕が答えると

「乗ります?」

「いいんですか」

「どうぞ」

山の格好にでかいザックなのにヒッチしてくれるのか。

体も汚いから、恐縮して汚さないようにハリヤーに乗り込む。

車に乗ったらキャンプ場はすぐだった。
車の中で
「山の格好をして辛そうやし、気になったんよ」
そういう奥さんと、

「車ならすぐやし」
というきちっとした旦那さん。

さりげない親切に圧倒され、自分があの二人のようではないことへの悔しさがあった。なんで、こんなに人の気持ちがわかるのだろう。そして、無力な自分。お返しもできない。

僕を降ろして、走りさる二人の乗った車を膝に頭をつけんばかりにして、僕は見送ることしかできなかった。

朝、昨晩の出来事を思うとかっと胸が熱くなるのでした。
スポンサーサイト

コメント

減感作療法ダイエットについて

減感作療法とは、アレルギー治療のひとつの方法です http://teleport.crosstudio.net/

口腔外科でダイエットを考える

一般歯科で扱う虫歯や歯槽膿漏以外の口腔(口のなか)の病気を専門として診る診療科 http://uwasa.crosstudio.net/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamagy.blog18.fc2.com/tb.php/233-7914416c

Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。